機械加工部品とは

機械加工とは、旋盤やフライス盤、マシニングセンタなどの多様な機能を持つ工作機械を用いて、ドリルやバイトなどの工具で研削・切削を行い、所定の形状に加工することを言います。発想・設計段階から始まり,組立図や部品図を製図します。そして,その製図した部品図に基づいて,機械加工を行い、完成した部品を組み立てていきます。機械加工の一連の流れの中で最も重要なことは,加工手順を考えることです。加工手順は部品の形状や材質によって異なるのはもちろん,要求されている加工精度や使用する工作機械によっても異なってくるので、不要な箇所に微細な加工指示を行わないようにすれば、作業にかかる時間も少なくなり、コストダウンに繋がっていきます。

 

切削加工について

代表的な工作機械の加工方法として、切削加工があります。切削工具類を使用して、金属や木材、プラスチックなどの素材を切り削る加工法です。この加工法は、多種多様で複雑な形状な物でも作ることができ、完成品の精度も高いといった長所がある一方で、作るまでに比較的時間を要してしまい、切り屑としての無駄も多く発生してしまうといった短所もあります。

旋盤
切削加工を行う工作機械は、大きく分けて2つのタイプがありますが、材料を回転させて、刃物を固定して加工するタイプを一般的に旋盤といいます。加工には、外丸削り、面削り、テーパ削りなどがあり、軸、軸受け、ネジ、等、様々な機械部品が作られます。種類としては、汎用旋盤、卓上旋盤、NC旋盤などがあげられます。

フライス盤
もう1つのタイプとしては、材料を固定して、フライス工具と呼ばれる工具を回転して加工する、フライス盤があります。フライス盤は刃物が回転するため、刃物の動かし方次第でどんな形状も加工できます。種類としては、汎用フライス、縦型マシニングセンタ、横型マシニングセンタなどがあげられます。