当記事では、製缶板金加工について詳しくご説明します。是非ご確認ください。

>>関連記事:製缶加工と機械加工

>>関連記事:板金加工部品とは

>>関連記事:製缶板金加工と塗装

製缶板金加工とは

製缶板金加工とは、鋼板や鋼材を使用し、曲げ・溶接といった加工により求められる形状に成型する加工です。

製缶板金加工と板金加工の違い

製缶板金加工と板金加工を区分するものは、一般的には材料の板厚です。ただ、具体的に何mm以上からが製缶板金であるといった決まりはありませんので、各メーカーにより異なります。製缶板金加工の方が板金加工に比べ板厚が厚く、製品も大きくなります。

製缶板金加工の加工内容

では、製缶板金加工においては具体的にどのような加工をするのでしょうか。以下にて説明いたします。

切断加工

切断加工は、レーザー加工機やタレットパンチで、板材を部品の形状に合わせて切断を行います。

レーザー加工機などで切断をしますが、完全に母材と部品の切り離しができているわけではないので、人の手で母材と部品を完全に切り離す必要があります。板と部品が接地しているジョイント部分は、切断痕が残っているので、サンダーで仕上げを行います。設備能力によりレーザー加工機やタレットパンチで切断できない程の厚板は、溶断という方法で切断します。

曲げ加工

曲げ加工は、プレスブレーキを用いて、板材より抜かれた形状から、さらに金属を曲げることで、立体的な部品に形づくります。上部のパンチと下部のダイで挟み込み、圧力を加えて希望の角度まで曲げます。金型を変更することで、多様な角度に対応できます。

機械加工

機械加工とは、旋盤やフライス盤、マシニングセンタなどの工作機械を用いて、ドリルやバイトなどの工具で研削・切削を行い、加工を行うものです。加工手順は部品の形状や材質によって異なり、加工精度や使用する工作機械によっても異なります。高い精度が求められ、加工時間も比較的かかることから、加工手順を順序だてて無駄なく行う必要があります。

>>関連記事:機械加工部品とは

製缶板金加工と溶接加工

製缶板金加工品は、大型で厚板を使用することになるので、製品に対して強度が求められます。

また、形状が複雑になると、曲げるだけでなく、溶接によって部品同士を接着させる必要があります。溶接をすることによって、製品の強度を高めるとことができ、自在な形づくりができるようになります。部品同士に穴を開けてボルトで止めるより、溶接することで、手間を省き、効率よく部品を加工できます。

製缶板金加工品の溶接のポイント

溶接を行うことで、自在な形の部品ができる反面、精度の面では高くありません。歪みが発生するので、機械加工で高い精度を出したとしても、溶接を後で行うことによって製品全体の精度が下がってしまうことがあります。また、部品の構造によっては、溶接作業がしにくいものも出てきます。設計の段階で溶接加工がしやすいものに変更したり、溶接を行う前に機械加工にて溶接が作業しやすいように前加工を行ったりすることで、全体の加工時間を削減することが重要になります。

製缶板金加工品 コストダウンのポイント

作業性が悪いと加工時間の増大からコストアップとリードタイムの長期化につながります。公差の厳しいポイントや作業のしやすさなどを見極め、できるだけ手間を少なく、素早く完成できる加工順序や加工方法の選択が重要になります。例えば、部品の構造上で、開先加工・突き合わせ溶接やグラインダー仕上げが必要だとします。開先加工により強度は上がりますが、開先作業やグラインダー仕上げにより時間とコストを要します。そこで、溶接しろを確保したものにすることで、部材を組み合わせるための溶接を隅肉溶接に変更できます。それにより、開先加工とグラインダー仕上げの二工程を省略することができ、結果、時間と手間を削減でき、コストダウンの実現につながります。

【改善前】

板金加工部品コストダウンのポイント
【改善後】

板金加工部品コストダウンのポイント

当社の製缶板金加工事例

製品分類:搬送装置 フレーム 板金溶接 SS400材
業界:搬送機
素材:SS400材
サイズ:L891×W690×H273
精度:公差 0~-0.5
工程:EX加工機(レーザー)・曲げ加工・タップ加工・溶接加工

製缶板金加工事例

>>詳しくはこちら!

>>その他の製缶板金加工事例はこちらからご確認頂けます!

製缶板金加工は当社におまかせください!

製缶板金加工について、ご理解いただけましたでしょうか。
当社は製缶板金加工を得意とし、板金加工・機械加工・溶接・塗装まで社内で一貫対応しています。製缶板金加工の委託先をお探しの皆様、製缶板金加工にお悩みをお持ちの皆様、お気軽に当社に御相談ください。

【製缶加工に関わる、技術ハンドブックの無料ダウンロードが可能です!以下よりダウンロードください】

techmaterial

>>こちらからダウンロード!