製品属性(仕様)

製品
分類
検査装置 ステンレス ステー 機械組立 部品 業界検査装置
素材SUS304 サイズL57×W26×H12.5
精度
板厚
公差 0~0.1 (切り欠き部) 工程機械加工(前加工)・ワイヤー放電加工・機械加工(後加工)

製品画像(様子)

特徴

この 検査装置 機械組立 に使用するステンレス製 の ステーは社内で一貫加工製作された 機械組立 部品です。検査装置にSUS材(ステンレス)を使用した部品が多くあります。ステンレス材の特徴として挙げられる、部品が錆びにくく耐食性が良い事、熱にも強く耐熱性が良い事、劣化しにくく耐酸化性が高い事から、部品を清潔に保てることによる清掃・メンテナンス性の向上、長い期間部品を使用出来、劣化・腐食による部品交換が減らせることによるランニングコストダウンを実現出来ます。
この機械組立 部品の加工の方は、機械加工工程で外寸法の成型を縦型NCフライス機で前加工を行い、その後ワイヤー放電加工にて中央の切り欠き部を加工します。この切り欠きは嵌め合い公差があるので0~-0.1の公差内に仕上げます。ワイヤー放電加工後に機械加工工程で後加工の部材先端の段差を縦型NCフライス機で加工し、M6タップ加工とΦ10ザグリ加工を行います。当社では社内で一貫加工製作を行っていますので精度の高い加工方法を選び、加工手順を決定し実施しています。