製品属性(仕様)

製品
分類
搬送装置 ガイド フレーム 業界搬送装置
素材SS400 サイズL2300×W50×H50
精度
板厚
コ曲げ内交差 ±0.5 工程レーザー・曲げ・タップ1・機械加工・溶接・タップ2

製品画像(様子)

特徴

今回紹介する フレーム は搬送装置で使用される ガイド フレーム になります。搬送装置の機械組立では使用する材料は板厚2.3mm~6.0mmがメインになり、それぞれの部品を組み合わせて使用する事となり使用する部品点数も多くなります。製品サイズも小さな部品ではL65×W41×H30mmからあります。部品同士を組み合わせて使用するので搬送装置ではナットを製品に溶接加工をして組立用ボルトのネジ山を確保する方法よりもタップ加工を行う製品が多くなります。搬送装置に使用する製品の特徴として、使用する材料は薄い板材がメインになり製品サイズもL600mmまでのものが多く、部品取り付け用の穴やタップの箇所数も多くなります。
この製品事例で紹介する フレーム ではタップサイズM4×18カ所、M8×8カ所、M10×34カ所の計60カ所のタップ加工を行っています。加工方法では止まり穴へのタップ加工や2個の部品を溶接してからの下穴を共開け後タップ加工など工程設計を事前にしっかり計画しないとお客様からの要求通りの製品にはなりません。
当社では製缶・板金溶接など、抜き加工から曲げ、溶接、塗装、組立、機械加工まで社内一貫加工を行っているので、加工方法、加工手順を見直し、工数削減でコストダウン出来るご提案が可能です。