製品属性(仕様)

製品
分類
搬送装置 フレーム 板金溶接 SS400材 業界搬送機
素材SS400材 サイズL891×W690×H273
精度
板厚
公差 0~-0.5 工程EX加工機(レーザー)・曲げ加工・タップ加工・溶接加工

製品画像(様子)

特徴

この 自動搬送置に使用されるフレームは工場・倉庫などで物流を制御するマテハン機器の制御装置・遠隔ユニット部に使用されている板金溶接部品になります。加工の方はEX加工機で6mm厚のSS400材から製品の抜き加工を行います。EX加工機では主に厚板の抜き加工を行う場合に機械の選定を行っています。次に曲げ工程では曲げの内寸法に公差 0~-0.5mmがあるので、材料の伸びに合わせ精度良く曲げていきます。次にサイドのプレート部にあるM6タップ加工を行い、曲げ加工を行ったブラケット2種類とタップ加工を行ったブレート2種類を溶接工程で強固に溶接加工を行います。溶接工程では、この製品サイズで隅肉溶接の全周溶接を行うと溶接歪が大きく出てしまい良品にはなりません。その為、ピッチ溶接での隅肉溶接をご提案しています。隅肉溶接を全周溶接からピッチ溶接へ切り替え、左右にある溶接個所を連続で隅肉溶接を行うのではなく、交互に溶接を行う加工方法に変更する事で溶接歪の捻れが軽減出来、製品の品質が確保出来ます。長谷金属では社内で一貫加工製作を行っていますので加工する製品に合わせて精度の高い加工方法を事前に選定し、加工手順を決定して実施しています。